便通の改善が全身を健康にする

便通の改善が全身を健康にする

便通の改善が全身を健康にする
「便通を改善したい」
そう思うことは、健康に注目し有意義な人生を送るために不可欠なことです。 腸内環境を良くすることには多くのメリットがありますし、タイミングに遅い早いもありません。 腸内環境、ひいては便通を改善することは、自分の体の健康に多大な好影響を与えます。多くの人にとってこの事実は当たり前のことだと思います。

しかしながら、なぜそれが良いのか。またはどのように影響することが良いのか。などについて深く考える機会は多くありません。今回の記事を初めに、今後は「便通」に着目してその内容を深掘りしていきたいと考えています。
まずは、「腸と便通」。その歴史と基礎を復習っていきましょう。

目次
1.腸と体の関係
2.ホップサプリで便通をスムーズに

1.腸と身体の関係

 

腸には、消化と吸収の機能が備わっています。しかし、腸の持つ働きはそれだけではありません。その他に、ホルモン分泌機能・免疫機能・老化抑制などといった機能が備わっています。自律神経の調節といった観点で考えると腸内環境の改善は、体のみならず心の健康にも発展していきます。

大きな役割を担う腸は、動物の進化において心臓よりも先にできた臓器とされています。一見不思議な話ですが、生命の進化の過程で動物として形成された時、最初に必要だったのが腸なのです。

腸の歴史は人類の誕生より遥かに遡ります。
起源は約 10 億年前、口・腸・肛門の機能を持つ多細胞生物が登場しました。このシンプルな構造の生物は、「腔腸動物」と呼ばれ、これの折に、魚類・爬虫類・鳥類・哺乳類・両生類、そして人類が誕生していったのです。

腸という器官はこのような背景をたどり形成されてきたので、その後に誕生した動物全てに備わる器官になりました。進化の過程によって腸の形や大きさも変化してきたことがわかります。

人類が始まった頃は食材の調理という概念がありません。ですので、今に比べて消化が困難だったと言われています。そのため顎が大きく発達し、腸の体を占める割合も大きかったと発掘された化石が物語っています。
周知の通り、現代の調理技術は凄まじいものです。しかし、一つの可能性として、今後さらに簡易な食事が摂れるようになると今よりも顎や腸が小さくなっていくのかもしれません。

ただし、動物の栄養吸収方法は胃と腸によるものなので、この先腸がなくなるとは考えにくいですね。つまり、腸内環境を改善する試みは尽きることがありません。腸に関心を持って当記事を読んでくださる読者の皆さんにとっては、改めて腸と生活するきっかけになれば幸いです。

 


2. ホップサプリで便通をスムーズに


腸内環境を整える第一歩は「便通」を改善することです。


便通の改善にはそもそも便の状態を良好にする必要があります。便通改善に関する情報は数えきれないほど存在します。その中から自分にフィットしたメソッドを探るには、時間とお金を多分に浪費する可能性があることも事実です。

数ある便通改善の方法の中でも、今回は「食物繊維」による改善を検討してみたいと思います。
2020年の厚生労働省策定「日本人の食事摂取基準」による一日に必要な食物繊維は、成人女性平均で 18g 以上とされています。しかしながら、現在の食習慣では一日中あたり 4〜6g 程度不足しています。試しに一日に必要な食物繊維を身近な野菜で考えてみましょう。

よく代表される野菜はレタスですが、今回は通年購入できてより身近なキャベツで考えてみます。ちなみにレタスはそもそも食物繊維が少ない野菜です。また、一般的な家庭料理ではレタスの消費が難しい面もあります。

キャベツのみで必要食物繊維を摂取する場合、生の状態のキャベツを約1kg 食べる必要があります。大体一玉に相当する量です。

キャベツは歯ごたえにもありますし、千切りなどにすると業務用のボウルが一杯になるほど見た目が増えます。もちろん飽きも来ます。正直なところ、毎日の食事に取り入れるのは不可能ではないでしょうか。

日々の食事を彩るためにたくさんの野菜を摂ることは必要なことです。そしてキャベツに限らず食物繊維はいろいろな食べ物から得ることができます。けれども、食費の大半は野菜が占めてきます。かつ日持ちのしない野菜類に頼るのは難しい現状があります。

そこで役に立つのがサプリメントです。
日々の食物繊維を得るサポート役のサプリメントですが、サプリメントだからといって盲信的に摂取することは推奨できません。
多くのサプリメントには食品添加物が含まれていることが多いです。
近年の食材見直しムーブによって添加物を気にされる方も増えてきました。こうしたポイントは健康補助食品のサプリメントだからこそ気になるものです。
添加物によるアレルギー報告もあります。そのようなリスクを回避するために内容物を確認する必要があるでしょう。

ここで、よく使われる添加物を3つ紹介しておきます。
・デキストリン(増量や結着を目的とするデンプン)
・植物レシチン(サプリメントの均一化を図る大豆の成分)
・グリセリン脂肪酸エステル(カプセル部分によく使用されるアルコールの一種)

添加物が入っているからといって無闇に拒否する必要はありません。個人差がありますの少しづつ試していくことおすすめします。

今回ここでは、ビール原料の一つ「ホップ」のサプリを紹介します。
ホップの効果効能は別記事がありますのでそちらを参照ください。

 

 

ememari ホップタブレット 購入はこちらから

秋田県産ホップ100%使用。香料、保存料、着色料無添加。 

  • 便秘がち
  • 腸内環境を整えたい
  • 毎朝スッキリ目覚めたい
  • 生理の前後で体調が不安定になる

そんな方にぜひ試して欲しいサプリメントを作りました。
秋田ヘルシー食産のememari ホップタブレット

 

記事一覧