体の内側からダイエットする考え方

体の内側からダイエットする考え方

体の内側からダイエットする考え方
これまで便通に関する情報をさまざまな視点からご紹介してきました。
便通改善には、さらに興味深く私たちの生活に関連するトピックがまだまだあります。
しかし、それをまるで専門家のような深い知識まで深掘りするのは大変な時間とコストがかかってしまいます。けれども、便通に関わることを知れば知るほどそれが如何に大事なことかわかってきてしまうのです。

でも、安心してください。
医師や専門家の方も日進月歩の歩みで多くの人と協力し合いながら人体の不思議や仕組みを紐解いているのです。そして、その研究と私たちの健康への興味には絶対の共通点があります。

それは「今よりもよくなりたい」という考え方です。
今、この記事に興味を持ってくださる読者の方には、改めてその意識を確認してもらいたいと思っています。

今回扱う便通に関するテーマは、「ダイエット」です。

ダイエットと便秘。
宿命的な切っても切れないテーマだと思っていませんか?
全くそんなことはありません。ダイエットを行っても便秘になんか悩まされません。
星の数ほどダイエット方法があるような気がしますが、大抵はどれも同じ成果を得られると私は考えています。その中でも自分に合った効率的なメソッドはあるでしょう。
しかし、大切なのはダイエットの考え方と捉え方にあります。

専門家のような知識を無理に追う必要はないでしょう。
ダイエットに限らず、この「便通」というキーワードでお伝えしたい共通の考え方を持つことが、こだわった学習をするよりも簡単に健康に近づく方法だと筆者は考えています。

大切な考え方とは「バランス」です。

このバランスを柔軟に扱うことが健康的な便通とダイエットを両立させる鍵です。本文では、主にこの考え方に主眼を置いてダイエットと便通の両立を目指します。


■便通とダイエットの付き合い方-その 1 イメージ


●ダイエットに大切なこと

「なぜダイエットするのですか?」
その理由は人の数だけあります。
例えば、「痩せたい」「美しくなりたい」「身軽になりたい」「自信を持ちたい」「自慢できる体になりたい」「有名になりたい」「病気を治したい」「運動したい」「楽になりたい」「恋がしたい」......。
挙げればキリがありません。
そして、いざダイエットを決心し、調べてみると情報の山。

運動に食事制限に睡眠にストレッチにイメージに......。

それらの中で書かれている、言われていることはどれも本当のことだと思います。
ここで本記事で取り上げたいのは、「イメージ」というポイントです。
冒頭に疑問文を投げかけましたが、この質問が結構大事だと思います。さまざまなダイエット論の中でも共通するのがこのイメージです。
食べないダイエットや運動しないダイエットなどさまざまありますが、イメージだけはどの理論でも冒頭ないしは各所で強調されて記載されている例が散見されます。
イメージは本当に大事です。ダイエットに限りませんが、便通とダイエットにおいても理想を強くイメージしましょう。
今、これを読みながらダイエット後の自分をイメージされた方。理想の自分になれているでしょうか?

できるだけ具体的に細かくイメージしてみてください。

ここからがダイエットに大切なことです。

当たり前のことですが、ダイエットを決心するには人それぞれの理由があります。理由はなんでも良くて、決心した前向きな意識が大切です。
つまり、ダイエットを目的にするのではなく、ダイエットしようとした理由を叶えてこそダイエットは成功すると考えます。
長くなってしまいましたが、目的を明確にするという段階からダイエットは始まっています。

●ダイエットで注意していただきたいこと

まずは注意していただきたいこと箇条書きにします。

・焦らない
・丁寧に
・集中する
・少しづつ
・明確に

ここで紹介している考え方は、便通をはじめ健康的にダイエットするためのものです。
可能な限り体に極端なストレスが掛からない方法を紹介しています。急激に無理な痩せ方を考えている方も一旦目を留め、自分なりに健康の範囲内で最大限に活用してみてください。

それでは、この「焦らない」ということを常に念頭に置いておきましょう。焦らないという意識は、健康的なダイエットをする上での幹になります。
考え方はシンプルですが、急いては事を仕損ずるという言葉の通り、焦ってしまっては大元の目的を見失う可能性があります。ダイエットを実行している最中、自分に焦りを感じたタイミングで「焦るな」と意識してみると良いでしょう。

次に、「丁寧」に行いましょう。
何か自分に適したダイエット方法を試す場合、その動作は最後まで丁寧に行ってください。丁寧とは、最大限の力を発揮しつつも余裕がある状態です。丁寧にダイエットすることで、自分なりの達成感を着実に得ることができますし、焦らなくなるようになります。

そして丁寧さが思いの外ダイエットの直接の成果につながってきます。丁寧に動作を行う時は必ず「集中」しなければいけません。ヨガの発想から言うと、「BE HERE NOW」の精神です。ビーヒアナウとは、「今ここにいなさい」という意味です。

集中という言葉にはこの考え方が含められていると考えます。昔からヨガがダイエットに効果的なのはその消費カロリーだけでなく、この考え方が役に立っているからだと思います。
この考え方を実際の動作に照らし合わせてみます。
例えば運動を行うとき、その運動によって負荷がかかる筋肉や血の巡りを意識するようにしてください。ジョギングしている際に、足や健、ふくらはぎや太もも、腰や腹筋、胸や肩、腕などの筋肉が動いているはずです。次第に心拍が上がり血の巡りも感じられるようになります。

ジョギングにおいて、この一連の動き一つ一つに意識を向けることが BE HERE NOWの考え方です。そしてこのように意識すると、もっと効率的に筋肉を動かすにはどうしたらいいかが体感として理解できるようになってきます。もしも自分に運動が足りていないと感じていた場合には、これらを意識して動かすだけでも消費カロリーは上がります。実際に試してみると、「あぁ意外とここの筋肉は使えてなかったな」と思うこともしばしばあるでしょう。

今度はその余裕を「少しづつ」動作の中に取り入れていきましょう。焦らず、丁寧に、集中しながらです。
ここで「なんだまだまだ余裕があるな」と一気に加速するとどこかにガタがきます。その理由は明確です。それはあくまで余裕であって、普段使っていないことには変わりないからです。
そして次に注意して欲しいのは、「明確さ」です。
前述した余裕は誰でも獲得できるものです。例えば仲間内でダイエットをしていた場合など、同じ内容を行っていてもその成果には個人差が生まれます。代表して言える個人差は体質です。また、その体質は遺伝子の影響があるということを無視できません。
でも、焦らないでください。
初めにイメージした時の理想を思い出してください。最低限、その姿には確実になれます。時間は掛かっても結果は同じです。そして目的も同じです。

「明確さ」という言葉はここで力を発揮してきます。
まずはイメージの明確さが大切です。そしてそのイメージにたどり着くプロセスも明確にしていきましょう。運動の仕方も明確にはっきりと行います。運動の場合、はっきりとした動作でなければ怪我をする恐れがあります。もちろん集中して。
このように考え方を明確にしていくとはっきりと変化が現れます。
ダイエットの方法に多少の運動を取り入れていた場合、これらの考え方を活用して行うと、シンプルに代謝が上がります。この代謝を上げるというのが実は最もスムーズにダイエットを行う秘訣だと言えます。

大分と遠回りをして新陳代謝に辿り着きましたが、答えはシンプルなものです。箇条書きにしたポイントを実際のダイエットに活用して行うということだけです。
実際に意識してやってみると、「なんだ、こんなことか。当たり前でしょ」と思えるような内容だと思います。
明確なイメージを持って、少しづつ焦らず丁寧に集中してやる、だけです。
普段の生活に比べて代謝を上げるだけなら、特別に運動をしなくても、これらを意識して歩く・座る・立つ・動かすだけで変わります。
極端な食生活を行っていない人なら、これだけで正常範囲内の体重や見た目になると思います。もちろんこれも立派なダイエットです。

そして代謝が上がると自然に食事に対する向き合い方も変わってきます。
続く記事で食事に紐付けながら便通とダイエットに関する情報をお伝えしていきたいと思います。

 

 

ememari ホップタブレット 購入はこちらから

秋田県産ホップ100%使用。香料、保存料、着色料無添加。 

  • 便秘がち
  • 腸内環境を整えたい
  • 毎朝スッキリ目覚めたい
  • 生理の前後で体調が不安定になる

そんな方にぜひ試して欲しいサプリメントを作りました。
秋田ヘルシー食産のememari ホップタブレット

 

記事一覧